査定前に傷は直した方が良い?直さなくても良い?

車のキズと査定額

自動車の査定をして貰う時には、なるべく綺麗にした方が良いなぁと感じる方も多いと思います。
そうやって掃除をしていると、自動車に、細かな傷が沢山付いている事に気づく事もあるかもしれません。

 

他にも、大きな傷が付いてしまっている場合もあるでしょう。何処かにぶつけてしまったのか、とてもへこんでいる所もあるかもしれません。細かい物では無くて、大きく傷が付いている場合もあるかもしれませんよね。そしてそんな傷を見つけるとどう思われるでしょうか。

 

査定をするのですから、少しでも綺麗な状態にした方が良いだろうなと考えるのは当然だと思います。
ただ、その傷というのは、本当に直した方が良いのか、直さなくても良いのかをちゃんと、判断をしておかなければならないでしょう。

 

細かな傷ぐらいでしたら、直しても良いかもしれません。カーショップに行って、補修キット等を購入して、簡単に直す事が出来ると思います。
しかし基本的に、そのコストは、査定の金額に反映される事はありません。

 

つまり、細かな傷のケースですと、直したら、そこについてマイナス査定になる事を防ぐ事が出来るかもしれません。
スイフト 買取

 

しかし大きな傷でしたら、そんなに直さなくても良いと思います。そのまま出した方が、結局、そちらの方が良い結果を出す事が出来るのです。
その事を、忘れないようにしておかなければならないと思います。どうでしょうか。皆さんも、直して良い傷なのか、直さない方が良い傷なのかどうかをちゃんと判断をしていきましょう。